• 花畑

鬱がそもそもの

悩む女性

外的ストレス

ストレスを感じない人間は、ほぼいないと断言することが出来ます。人によっては、どうストレスを感じるかどうかが異なってきますが、ストレスを受けるとそれを不快に思う方はほぼ全員と言えます。ストレスは自分で発散する事によりゼロの状態にする事が可能です。発散方法ももちろん人によって異なります。うまくストレスと付き合っていくのが社会で生きる事とも言えます。しかしストレスに耐え切れない方も少なからず存在しています。そして発散がうまく出来ない環境に置かれている方もいます。ストレスは溜まってしまうとそれが鬱を引き起こす直接的な原因になります。うまくストレスと付き合っていけない人ほど鬱病になってしまっているのです。そしてそれが変化していき躁鬱病と成り果てる可能性がおおいにあります。鬱病と診断されるには、鬱状態が確認された時に初めて診断されます。一度だけの診察では鬱病と診断されない事もあるのです。診断が遅くなると当然治療が遅くなるので大変です。そして診断がうまく出来ず、躁鬱病の症状が悪化してしまいストレスを感じてしまうなど、鬱とストレスは親密な関係でもあるのです。躁鬱病を回避するにはストレスを溜め込まない様にする事があげられますが、それが簡単に出来れば躁鬱病と診断され悩む方は皆無であるはずです。

ストレス過多

躁鬱病は気分障害とも呼ばれています。非常に気分に左右されてしまう鬱病なのです。鬱と躁と通常の精神状態の三つが一人の人間に存在している事態は、そうとう精神に負担が掛かっている状態です。当然普通に生活する事は困難になります。その負担もストレスに発展してしまい、躁鬱病がどんどん進行してしまうのです。ストレスが根本的な原因であり、そして進行の原因ともなるのがストレスです。翌々考えるとストレスは相当恐ろしい物である事が分かります。躁鬱病は社交性が普段からあり温和な人ほど診断されています。社交性がある過多は他人との接触も多いです。それ故にストレスが過多してしまうなども考えられます。環境に馴染み、そして良好的な人間関係を築くには、ストレスは少なからず発生します。だからこそ躁鬱病は存在するのです。ストレス過多にならないように、適度に自分を開放出来る方法や場所を見出す事が、躁鬱病予防の一つでもあります。

自己判断は禁物のうつ病

躁鬱病は、診断が難しいうつ病です。躁と鬱を繰り返し、人によっては職場では躁、自宅ではうつなので、なかなか家族ですら気が付きにくいこともあります。 歴史を紐解けば、昔はうつ病そのものが珍しいものと認識されており、メンタル面で病院に行くことは非常にハードルが高い行為でした。しかし、現在は躁鬱病を含めたうつ病は、現代人の代表的な病として認識されており、多くの患者が存在します。よって、少しも後ろめたい気持を持つ必要はありません。診断するのは専門医ですから、自己判断せず気になる症状があったら、まずは受診することが大切です。目に見えないうちに症状が進行するのが、うつ病です。治療は少しでも早い方が効果的なのです。

ミドルエイジに患者が多い

うつ病は、大きなカテゴリーで分けられていますが、実は様々な症状があり、その中でも躁鬱病は治療の期間が長引きます。躁状態の時は、エネルギーに溢れ、それを抑えることができず、不眠状態が続きます。そのため元気が良い人だと認識されることもあり、うつ病だと言うことが分かってもらえないこともあります。しかし、鬱の時期になると今度は外出もできない程となり、非常に落差があります。 躁鬱病も増えている症状の一つで、特にミドルエイジによく見られます。ミドルエイジは、働き盛りの人も多く、経済的に家族を巻き込んでしまうこともあります。そのためより早く受診し診断してもらうことが大切なのです。診断はそれ程時間がかかるものではなく通院も月1回から2回程度です。

↑ PAGE TOP