• 躁鬱病と診断されたら

心の病気である

現代病である

現代の世の中、鬱病を知っている人は多くいます。特に日本では現代病として多くの方が認知しており、そして患者になる方も多いのです。社会人だけではなく中学生、高校生など、若い学生であっても発症してしまうのです。鬱病は自分自身だけが原因になってしまうという訳ではなく、自分を取り巻く環境が原因にもなります。自分にも何かしらの原因となってしまう要因はあります。それを顧みず、そのままにしておく事によって鬱病に発展する事もあります。しかし大体の場合は、自分を取り巻く環境や他人が大きなストレスとなり、そして鬱病になるという事が発症原因となっています。環境や他人のことは、自分の力で解決するには難しいものです。それは誰でも承知している上で生活をしていますが、あまりにも理不尽で、尚且つ理解してくれる方もいないとなると、うつ状態に発展してしまうのです。鬱病は一人でどうにか出来る軽い病気ではないのです。

少し異なる鬱

鬱病は自分で発症を感じ取る事もあります。それがほとんどであり、自覚症状がない場合が深刻とも言えます。病院でしっかりと治療を受ける事が可能であり、カウンセリングと投薬治療を受けることが出来ます。治療を受ける為には自分で症状に気がつくか、周りの人が先に異変に気づく必要があります。しかし鬱病であっても自分でも他人でも気がつくにくいものがあります。それは躁鬱病です。躁鬱病は気分障害の一種であり、双極性障害とも呼ばれています。どちらかと言うと後者の方が有名です。どのような症状であるのかを説明すると、非常に気分の落差が激しく一見鬱病とは思えません。気分の落差が激しいのという大きな特徴があれば、すぐに症状に気がつくと考える人は少なくありません。しかし、躁鬱病の最大の特徴として、一時的なうつ症状と躁状態が収まると一般的な安定した精神状態になるのです。だからこそ判断がしづらい鬱病であるのが躁鬱病なのです。症状に気がつけたのであれば、病院へ赴き、診察の後に躁鬱病と診断を受け、そして治療し治す事は可能です。まずは躁鬱病であるという事に気が付かなければなりません。

躁鬱病と診断されるまで

うつ病と双極性障害(躁鬱病)の診断はとても難しいものです。 うつ病と診断されていて、その為の治療をおこなっていてもなかなか治らない場合は、双極性障害(躁鬱病)だったということも多くあります。 それはなぜでしょうか。 「うつ」は不調が心にも体にも表れるからです。 自分の精神的な症状の変化が悪い方へ行っている間は、「おかしいな」と受診することがありますが、そうではない時(この時でいえば、双極性障害「躁鬱病」の時)は患者さんは調子が良いから、受診しなくて大丈夫と思い、正しい治療を受けられずにいます。 治療にはお金が必要ですが、精神的な症状の病気で困っている方は治療費を工面するのも大変だったりするので、「自立支援医療」を利用してみるのも良いと思います。

治療から回復するまでのステップ

双極性障害(躁鬱病)と診断されてからは、主に薬物療法と精神療法が並行して行われます。 躁鬱病と診断されてからは、治療が行われていても、長期化、再発することがあります。 症状が見られなくなってからも、薬の服薬を続けることが大切で気長に治療を続けていくことで改善が見られる病気なので、ゆとりをもって治療を続けていくことが必要です。 服薬を断続的にすることやストップしてしまうことは、患者さんにリスクが出てきますので、医師の指示のもと服薬コンプライアンスをきちんと守り、正しく治療を続ければきちんと治る病気の為、不安なことは必ず医師に相談しながら自分に合った治療薬や精神的療法を見つけ治療を続けていくことが肝心です。

CONTENTS